犬も罹る病名はてんかん

今ではペットを買っている家は少なくないです。その中でも犬を買っている人は多く、近所でもたくさん見ます。今の時代はペットも家族として扱い服を着せたり、人間と同じご飯を食べさせたりとお金を掛け、中にはペットが亡くなった時に葬式まであげるという人も少なくないです。
そんな家族のような犬が病気になったら心配ですし、とても可哀想です。そして、たくさんの病気がありますが、犬の病気の中でもとても怖いものがあります。その病名はてんかんといって、脳内の神経に異常な興奮が起こりコントロールを失ってしまうというおそろしい病気です。脳内では数十億個の神経細胞が、軸索やシナプスと呼ばれる電気グループで結ばれています。しかし様々な理由で神経細胞が異常発火してまるで花火が爆発したかのように興奮状態になってしまうという病気です。てんかんの原因は脳の疾患、血液の異常、内臓の異常、遺伝、ストレスというものがあげられています。なんか犬の様子がおかしいなと思い病院に行ったら、病名はてんかんだったということもあります。そして、治療に重要なことは早期発見することです。できるだけ早く気づいて治療をしてあげるという事が必要です。
人間にも病気があるように犬にもいろいろな病気があるのは当たり前ですが、遺伝など仕方のない場合もありますが、ストレスなどは防げることができるので、出来るだけストレスを少なく飼ってあげたいです。犬は意外と繊細な部分があるので、飼い主が気をつけることも必要です。また、てんかんの重積の状態は犬の命にかかわることなので、放っておいてはいけないです。もし、この病気の疑いがあるなら今すぐ病院で見てもらい病名を教えてもらう事が必要です。

ページトップへ